SCENARIO

おねこ。が書いたお話です。

ロゴまたはリンクをタップすることで、各作品を閲覧することが出来ます。

電子書籍サイト(一部有料)

パブー様 作品はこちら

(おねこ。名義で執筆しています)

楽天ブックス様 作品はこちら

(亜金名義で執筆しています)

BOOK☆WALKER様 作品はこちら

(足立雄亮名義で執筆しています)


小説投稿サイト(無料)

【完】ぼくらはみんな生きている。

 自殺を考えているあなたへ

  〇月〇日

  私たちは、集団自殺を行います。

  参加される方は、△×までご一報ください。

 そんな内容のメールが、猫之助の元にやって来た。

 猫之助もまた、自殺を考える男のひとりだった。

 金なし。仕事なし。彼女なし。

 もちろん童貞。

 誰にも必要とされないことに苦痛を感じていた。

 猫之助は、孤独に耐えきれなくなりその場所へとやって来た。

 集まったのは9人の男女。

 そこで、1人の女性と出会う。

 その女性もまた自殺を考える人間の1人だった。

 猫之助は、仲間と出会いそして少しずつ生きる意味と価値を見出していく。

(掲載:カクヨム)

【完】嘘恋

少しずつでいいんだ。

愛と言うモノを知ってみたいんだ。

君は、それを教えてくれるのかな??

いや、無理だろうね。

僕を愛してくれる人はいない。

わかるんだ。

だって、僕は醜い化け物なのだから……

そんな、僕に一本の電話がかかってくる。

その電話で僕の人生は少しずつ少しずつ変わっていく……

(掲載:アルファポリス)

【完】フォロワーのHaruさんが殺されたそうです。

11月5日

フォロワーのHaruさんが殺されたそうです。

(掲載:アルファポリス)

ANTIHERO-アンチ・ヒーロー-

 少年の家族は、ヒーローによって殺された。

 ゆえに少年は、ヒーローを憎んだ。

 憎んで憎んで憎んで、それでも悪には染まらなかった。

(掲載:アルファポリス)

泣けない僕と泣き虫な彼女

世界は誰よりも優しく――そして残酷でした。


ある村にひとりの少年がいました。

名前は、ハヤト。

ハヤトの左目はある事件によりルビーで出来ています。

紅く冷たい目、その風貌からハヤトはルビーアイと恐れられいつもひとりぼっちでした。

ハヤトには友だちはいません。

なぜなら村には誰もいないから……

(掲載:アルファポリス)

喫茶★失恋

 ようこそ。

 喫茶★失恋へ……

 さて、突然でございますが。

 貴方は今までで何回失恋しましたか?

 人は生きていく上で誰かを好きになり……

 そして失恋します。

 恋を失うと書いて人は、失恋【しつれん】と読みます。

 あ、ちなみにこの喫茶店の名前は失恋と書いて"しつこい"と読みます。

 では、まず当店のシステムからお話しますね。

 この喫茶では、コーヒーも紅茶も出しますが……

 ここでは、多くの失恋話を取り扱っています。

 料金は、失恋話の料金は、お気持ち程度に頂いております。

 ここからのお話は、悲しい物も多く取り扱っています。

(掲載:アルファポリス)

僕はネコゾンビでご主人さまは女子高生(まおう)

ボクはネコ

ただのネコじゃない。

ネコゾンビだ。

ボクは、生まれてすぐに人によって殺された。

そして、魔王の中の魔王の王のひ孫。

マカの魔法により……

ボクは、使い魔として、蘇った。

ボクは、ネコゾンビ。

だからと言って、皮膚が、腐っている訳じゃない。

ふかふかの毛と……

きらきらの瞳を持っている。

ボクの仕事は一つ。

マカの仕事を手伝う事。

マカの仕事は、魔法で悪い奴を倒すのが仕事。

ボクは、そのお手伝いをする。

それが、ボクが生きる条件だ。

(掲載:エブリスタ)

みんなのサスペンス∞ニート刑事~無職心理捜査官

 ニートとは、英語でNot in Education, Employment。

 就学、就労、職業訓練のいずれも行っていないことを意味する。

 日本では、15~34歳までの働かず、通学や家事を行っていない若い無職の人のことを言う。

 ニートが増えることを危惧した政府はニート撲滅委員会を結束し。

 ニートに適材適所な仕事を与えることにした。

 

 久留里(くるり) 大輔もそのひとりだった。

 大輔のもとに委員会から一通の書類が届く。

 その書類は、大輔がひらかた警察の特殊課へと配属されることが決まったことを伝えるものだった。

 大輔に拒否権はない。

 大輔は、静かにうなずき。

 それに従った。

(掲載:アルファポリス)

【完】ねこのこはねこ

ぼくはねこ。

ただのねこじゃない。

のらねこだ。

ひとは、ぼくがにゃんとなけば、ごはんをくれる。

そうおもっていた。

だけど、げんじつは、そんなにあまくなかった。

(掲載:LINEノベル)